みどり薬局(福井県福井市) 調剤・薬局製剤・アレルギー食品の販売

リクルート案内
 
*
ホームリクルート案内(入社後の研修制度)

*入社後の研修制度

当社では「すべては患者さまのために」をあいことばに、「科学的なものの見方とヒューマニズムの感覚の生きている医療人」となることを目指した研修にとりくんでいます。薬の知識だけでなく薬や医療をとりまく様々な事柄についても学ぶ機会を設けています。

みどり薬局勤務 Mさんの研修のあゆみ入職時研修(集合研修)

入社式のあとは1泊2日で福井民医連合同の研修があります。看護師や理学療法士、介護福祉士など他職種も一緒に、医療人としての心構えや医療制度などについて学習します。夜は前年度入社の先輩などとの交流会もあります。

薬剤師免許取得までは先輩薬剤師について調剤実習

薬剤師免許取得までは先輩薬剤師について調剤実習を行います。 大学で学んだこと、学生実習で学んだことを基本に実際の処方せんをみながらの実習です。ひとりひとりの患者さまが確実に服用できるように調剤の方法も様々に工夫していることを学びます。また、 診療報酬制度・保険調剤における療養担当規則など、保険薬剤師として守らなければならないことや、採用している薬剤についても学んでいきます。

薬剤師免許取得後、保険薬剤師の手続きも済ませて薬剤師としての仕事を開始します。

基本調剤業務の取得・患者さまへの服薬指導業務開始

この時期の目標は基本的な調剤業務の取得、そして基礎的な疾患の患者さまへの服薬指導業務を開始します。先輩薬剤師の見守りのもと、初めて、患者さまのお名前を呼ぶ。緊張の一瞬です。先輩薬剤師から「ことし入ったMです。よろしくお願いします。」と紹介され、「がんばってね」の励ましを受けたときは薬剤師になってよかったなと思います。
この時期からは薬局内の全薬剤師学習会がはじまります。疾患ごとの学習、それぞれの薬剤師が気になる患者さまの実例をあげての学習などです。この学習会は月に1回時間内におこなっています。

4月〜6月までは初期研修として担当の先輩薬剤師がマンツーマンで指導します。業務のことだけでなく、なれない社会人としての生活全般にわたりサポートします。最初の1ヶ月は毎日、学んだことや、疑問に思ったことなどをノートに記載し、先輩薬剤師からのアドバイスをもらいます。

入職3ヶ月研修(集合研修)

入社式のあとに集まったメンバーとの再会です。それぞれの事業所・職場で3ヶ月はたらいての、疑問や悩みも出し合いながら、「どんな医療人になりたいか」をグループワークで深めます。

初期研修のまとめ

7月 マンツーマンでの初期研修は6月で卒業です。まとめと振り返りをおこない到達を確認して次のステップにすすんでいきます。また時差勤務にも入ります。ちょっと独り立ちした気分で新たなスタートです。

7月以降の研修 7月以降の研修

7月以降(1年目) はじめて来局される患者さまへのアンケートや初めて糖尿病の薬を服用される方へのお薬の説明など毎日毎日が新たな挑戦です。実践をつみながら薬剤師として成長していく期間です。医薬品情報の収集などについても体験していきます。また、在宅医療にも参加し他職種との連携を学びます。研修会や学術大会にも先輩薬剤師とともに参加します。

2年目以降の研修 7月以降の研修 7月以降の研修

「すべては患者さまのために」
薬剤師として成長していくための日々の研修、学術大会での発表、資格取得など幅広い活動をすすめます。年1回の学会参加と薬剤師会学術大会の参加ができます(全薬剤師)安全で有効な薬物療法をめざして、副作用の調査や医薬品評価も薬剤師の大切な業務です。先輩薬剤師とともに実践していきます。在宅医療の分野でも患者さまの担当薬剤師として力を発揮していきます。

中堅研修
病院研修や小規模薬局での研修もできます。

集合研修
福井民医連他職種合同の研修(年1回)
全国・東海北陸の民医連に働く薬剤師と合同の研修
薬剤師オリエンテーション・初任者研修・中堅研修
その他テーマ別研修会(新薬評価・副作用・健康食品・コミュニケーションスキル等)
薬剤師会主催の各種研修会

*
*